40代以降の医師の転職事情を知る

年齢を重ねると、徐々に現実的に考える人が増えてくる転職。

しかし、ある程度の年齢に達すると、逆に転職に対して臆病になってしまう人も少なくありません。その境目は40歳あたりでしょうか。

医師として働いている人も、同様の感覚を持つようです。

十数年働いてきて、そろそろ真にやりたいことやキャリアについて考えるけれども、40歳を過ぎると「本当に転職は可能なのか」と不安になってしまい、最後の一歩が踏み出せない。

確かにそんな医師は多いでしょうし、そう思ってしまったとしても不思議ではありません。

しかし、その不安や心配は、最後の一歩を踏み出した人にとっては取り越し苦労となるでしょう。

医師にとっては40代以降が働き盛り

医師は経験が重要な職種であり、それが何よりも求められます。

一般社会では40代はまだまだ働き盛りであるにもかかわらず、転職事情においては転職の成功率が40代に突入すると落ちると言われています。

ところが、医師業界の転職事情はというと、そうした傾向は見られません。

40代以降でも、医師であれば十分に転職は可能。

実際に常勤や非常勤の医師求人の探し方を見てみると、年齢制限を設けている求人はまず見られず、むしろ経験を重視している医療施設が多いことがわかります。

一般社会であれば、最もニーズがあるのは20代から30代前半。

しかし、医師は最短でも医師免許を取得できるのが24歳ですから、20代で転職となれば5年前後しか経験がないことになります。

人の命を預かる職業であることを考えると、やはり経験が浅いと言わざるを得ません。

30代であれば、医師としての経験も10年を越す人が増加し、転職市場でもニーズは高まってきます。

しかし一般の人から見れば、やはり自分の身を任せられるのは40代以降の医師であると感じる人が大多数を占めるでしょう。

病院は経験豊富な医師を求めている!

また、医師求人の給与欄に「免許取得後10年目」とした上で目安の給与額が記載されていることがありますが、これは暗にこれ以上の経験を有している医師を募集しているということ。

当たり前です、他の職種のように、転職後、一から仕事を覚えてもらおうとは多くの医療施設は思っていません。

ミスがあれば取り返しのつかないのが医師という職業であり、どのような医療施設であっても、経験のまだ浅い医師を採用しようとは思わないものなのです。

40代以降の医師はむしろ引く手数多。

ニーズが最も高まるのは、40代に突入してからと言ってもいいでしょう。

これが、現在における医師の転職事情です。「転職は可能なのか」と不安になる気持ちはわかりますが、それよりも、これまでの経験を活かすことを一番に考え最後の一歩を踏み出すべき。

求人を出している施設や、世の中の多くの患者さんたちも、そんな医師の姿を望んでいるはずです。