転職することを決意している人はもちろん、転職しようか迷っている人であっても、専門コンサルタントへ一度相談してみることをお勧めします。

医師の転職に精通したコンサルタントです。

自力で転職活動をするのは大変

もちろん、それには理由があります。

メリットがあるからお勧めするわけですが、これによって得られるものは、自力で転職を試みることとは比べ物にならないでしょう。

求人情報をどれだけ集められるのか、そこからどのように取捨選択をしていくのか、自らの属性とマッチした求人情報が集められるかどうか、最終的にどこに応募をするのか。

転職をするときにはこれらを考え、そして一つずつクリアしていかなければなりません。

すべて自力でもできるでしょう。

ただ、正しい選択ができるかどうかは別。

取捨選択に失敗する可能性もありますし、世の中には、個人で集めた求人よりもずっと自分に合った求人が溢れ返っている可能性の方が高い。

つまり、ベストな求人を見逃してしまうリスクがあるのです。

最終的に応募する求人の選択にも失敗してしまうかもしれません。

コンサルタントの人脈を利用しよう!

しかし、専門コンサルタントに依頼することで、そんな失敗を避けることが可能。

そもそも、求人の集め方や探し方が個人とでは異なります。

それぞれのコンサルタントが多くの求人を抱え、医療施設と特別なパイプを持ち、そこから内部の情報を得ているコンサルタントも少なくないのです。

相談することで、こうした表には出てこない情報も教えてくれるかもしれません。

40代になるまで同じ職場で働き続けた医師たちは、思いの外、外部のことに対して無知であることが多い。

自分の価値や立ち位置、性格、こうしたものを客観視できなくなっている人もいるでしょう。

専門コンサルタントは、そうした転職希望者の価値や性格などによって、求人情報を選別していきます。

それは全て客観的な視点によって行われるわけですから、自分自身のみの感覚で収集・選別するよりもずっと信頼性が高いものになるのです。

転職を止めるのもコンサルタントの役割

もしかしたら、「今は転職しない方がいいかもしれない」という意見を伝えられるかもしれません。

だからこそ、転職しようか迷っている人であっても相談する価値があるのです。

自分の医師としての現状を再確認することにも役立つでしょう。

コンサルタントの役割は、ここにもあるのではないでしょうか。

求人情報の探し方の一つとして利用するだけではなく、自らのキャリアを再認識し、その方向性を再構築することにも力を貸してくれるはずです。

  • 1